OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分らしく生きる

こんばんは。お久しぶりです。

すっかり寒くなってしまって、いつの間にか12月。

久しぶりにブログ書きます。

久しぶりにただのつぶやきブログ書きます。

 

4か月前、8月の誕生日で30代になるということで、その前の6月頃から、これからの自分の方向性を考えていました。

8月後半の2週間は特に、外に向かって動くエネルギーが湧いてこなくて、家で瞑想してたり寝てばかりいました。

 

そういう自分と向き合う作業はけっこうしんどいことだったりする。

ぱっとしない期間だけど、人生に時々必要なことだと思います。

 

 

そうしていたら、「自分らしく生きたい」「本当の自分で生きたい」という思いが強くなりました。

 

 

9月からは“自分らしさを受け入れられない”無意識の思考パターン、“自分らしく生きることを許せない”エネルギーパターンを、自分で毎日イメージワークでクリアリングしたり、ヒーリングを受けたりしました。

10月からは、これまでさほど興味がなくてやってこなかった「自分らしさとは何か?」「自分を知る」というテーマで様々なセッションや鑑定やリーディングを受けてきました。

自分らしく生きるにあたって、そもそも自分らしさは何なのかを知るために。

 

 

そうしてたどりついたのは、自分の楽しいと感じることをやること。楽しみきること。

子供の頃本当はやりたかった歌とか、作品作ったり、アーティストすることだった。

 

 

それは今までもやってきたともいえるけれど、実はこれまでは「私にはどうせ無理」とか「こんなことしてちゃいけない」「もっと真面目にコツコツ働いてお金を稼がなきゃ」とかいう思いの立ち位置でやってきたのでした。

そんな罪悪感を持つことなしに、思いきりやっていいのだと、やるのだと、そんなところへやってきたみたい。

「自分にはどうせ無理だけど…。やっちゃいけないけど…」とか思いながらも、こっそりぼちぼちボイストレーニングや作曲のレッスンに通い続けてきたわけですが、それがいざ「やっていいんだよーー!」ってなると、逆に戸惑う(笑)

え?やるのか私?本当にやるのか?本気でやるのか?マジか―ー!

とね、一人で右往左往しちゃいますね(笑)

 

 

でもそれが、私にとって、自分の本質で生きること。

 

 

自分の中心軸で生きる。本当に何がしたくて、誰といたいのか。あるいは何はしたくないのか。

したくないことできるほど人生暇じゃないのだ。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

数年前はこうやってつぶやきブログばかり書いていて、その頃は毎日のように何か書いていた。

書くことをとおして自分の内面を見て、気づきを得たり、自分を整えていた。

私はそういうふうに書くのが好きで、そういうふうに書かれた他人のブログも好きだった。

わたしにとって書くとはそういうことだった。

自分のお仕事の告知にうまくつながるようなブログ記事を書く方も多く、そういうのを見るとほんと上手だなって尊敬する。

真似してみようとしても筆が進まず、結局私はそういうのはあんまり楽しくないんだと思う。

自分が楽しめることをするときが私は一番エネルギーが活性化するので、楽しいことをしようとすると、ブログもこんなかんじに。

SEO対策のセンセイには呆れられるような記事だけど、仕方ない。人それぞれスタイルがあって、誰かの成功したスタイルが万人に合うわけではないものね。

 

どうかこんなブログでも、誰かの心の中に何か少しでも佳き想いをよびおこしてくれますように。

 

 

 

私は私を深めていく。誰のためでもなく、誰に指図されるのでもなく。

私は私を生きていく。

私は私で生きていく。

私は私を歩んでいく。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA