1S1A5132

アルバムリリース&バースデーライブのお礼

ライブの翌朝、わたしとしてはめづらしく昨日の録音をちゃんと全部聞きました。

初挑戦のことの多い中、自分をほめていいところと、課題の発見と。

これからどうしようかなぁ、どうしていったらできるかなぁと考えていた。

1S1A5033

 

わたし超楽しかったんですよ。

ライブって自分ですると一番近くで他のプレイヤーの音を感じることができて、これは最高だなと思った次第。

独奏のときは自分の箏の振動に癒されるんだけれど、それとはまた全然違う癒しが起きるなって感じました。

お客さんも一緒に遊んでくれるし。最高ですね。

これまで一緒にやったことのないウッドベースの、楽器のエネルギー感と、プレイヤーの彼自身のエネルギー感と、どちらも本当に感動しました。ありがとう。

ピアノのアーサーはいつも作品作りを一緒にしてきたけれど、一緒に演奏できたのは初めてで、あー嬉しかったなーー

お友達がたくさん来てくれて、一緒に歌ってくれたり、楽しかったなああ!

 

1S1A5193

 

オリジナルをたくさん歌いました。

カバーも歌いました。

琴も弾きました。

やりたかったこといっぱいできました。

 

1S1A5148

 

なんかすぐに文章にまとまらなくて、インスタで写真に語ってもらいながら、いろいろ書いて投稿しましたので、そちらも見ていただけると嬉しいです。

 

1S1A5132

 

ミュージシャンってしゃべれない人も多いのに、みんなマイクを持つのが嫌でないという(笑)

 

1S1A5248

 

今回のプログラムでは、たくさん歌って、たくさん弾いて。

このライブのために二か月くらいコツコツ準備してきました。

楽譜の準備も、『鳥のように』の暗譜も、喉の使い方のよきところを探るのも、日々少しずつを重ねるしかなくて。

スケジューリング、時間のやりくり、練習をする体力、気力の確保が、、まあ、がんばったなぁと思います。

あと体調管理。7月後半、喉と鼻水、あと月経症もひどく出て体調わるい地獄に陥ってしまい。超あせって、もう色々することを捨てて寝る日々。

そこからの体力の回復と、喉ちゃんの観察は気づきがたくさんあって面白かったんですけどね。

ちゃんと寝て、自分を酷使しないようにしないとね。

 

 

何年も夢だったバースデーライブが開催できたことが本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

できたことが奇跡のよう。

難しい曲、新たな試みに挑戦できて、ありがたかったです。幸せでした。

 

 

ライブの後のこの10日の間でも、学びがあって。

自分は未熟だったなって、分かってなかったなって、気づきました。

日々、取り組んでいく決意。がんばるー

 

1S1A4888

何気にこの看板が、なんかすごく嬉しかったです。マスターありがとう。

1S1A4896

CDもたくさんご購入いただき、ありがとうございました!

作品にはこれまでのわたしの人生がつまっています。

これまでの自分と、今のベストを閉じ込めたのが、わたしのアルバムです。

お楽しみいただけると嬉しいです。

 

 

1S1A5289

イベンターの森さんがケーキ用意してくださっていました。

会場のみなさんがハッピーバースデー歌ってくださいました。

こうやって何かの時に歌で示す、想いを表現するって、人ってなんか素敵ですね。

1S1A5225

アーサーとリッキーがサプライズでとても素敵にハッピーバースデー弾いてくれて!

自分にはすぎた仲間でした。本当にありがとう。

 

 

1S1A5030

 

最後にセットリスト書いておきます。

1st stage

1,春まちわびて

2,花

3,It’s All Right

4,Close to you

5,月の光

6,Matane

7,Top of the world

 

2nd stage

1,鳥のように

2,さくらさくら

3,Fly me to the moon

4,白詰草のブレスレット

5,夜明けの流れ星

アンコール Let it be

 

木村友里(vocal,koto)、金澤力哉(bass)、加藤梓(piano)

 

 

1S1A5057

 

 

ありがとうございました!!