はじめて皇居一般参賀へ行ってみて感じたこと

はじめて皇居一般参賀へ行ってみて感じたこと

5月4日は皇居へ一般参賀に行きました。

はじめて行った!
前日にお誘いがあり、わたしはもう来られることないんじゃないかなって、一生に一度の機会なんじゃないかなって思いながら参加しました。

国際フォーラムで待ち合わせ、12時頃から皇居前広場で二段階のセキュリティチェックのあと、列に並んだその場で延々と待ち、14時の回に入れました。二時間待ちは覚悟の上でしたので。

真夏ほどではなかったので大丈夫な程度でしたが、やや暑かったので、日傘や帽子、水、日焼け止め必須でした。トイレのために列から離脱すると並び直しになるので、心配で水をあまり飲めず(笑)貧血や熱中症にならぬようひやひやしながら待っていました。一人貧血になり離脱しましたし(涙)

ついに入れる~♪となって橋を渡って、

正門をくぐると氣が全く違う。
空気が澄んでいながら力強い。

木々や建物、全てのものがとても鮮やかに目に飛び込んできました。

これは足を運んで体感する価値あります!

正門をくぐり、右にカーブして二重橋をわたると宮殿です。

みんな写真も動画もたくさん撮っててびっくりした。

宮殿前はたいへんな満員電車状態で、30分ほど待ちまして、しかしセルフィー撮って遊んで(笑)

空の美しさに感動

そして天皇皇后両陛下!

とてもとても美しかったです。

両陛下は数年前に勤労奉仕に行ったとき、超かっこいい!と感じて以来大好き✨だから余計に嬉しい。

二度とない貴重な機会に行けて嬉しかったです。有り難いですね。

御譲位というのがまたなんともおめでたくて!みんなもそうだったと思うけど、4月30日と5月1日は大みそかと元旦みたいな氣分になりました。

これから令和の時代がよい時代になりますように。

「令和」って、美しい元号よね。

わたしたちはまた和を大切にする時代になったのです。

こうやって大勢の人が集まっても整然と進むのは日本くらいなものらしいよと話していた。わたしは(いや世界は広いんだからそれは盛りすぎではと内心思いつつ)、や、それ当たり前でしょ、とみんなが思っているような、はるか上を行く高いレベルの国でありつづけるといいなと思った。

坂下門から出たところ。

わたしは”お天道様がみてるよ”っていう言葉が好きです。日本人なら誰も知っているであろうこの言葉が好きです。

お天道様というのは遥か空から常に見守り照らしてくれていますが、同時にそれは自分の中にいるものです。

誰に見られても恥ずかしくないよう生きよう。そしてなにより自分自身に恥じることがなきよう生きよう。そういう精神だと思っています。

しかし息を吸って吐くように嘘をつかなければ生き延びることができないような国や社会が今でも世界中の色々なところにあるようです。日本の中にも。

わたしは当たり前にピュアに優しく誠実に生きる人たちが、ちゃんと豊かに安全に幸せに生きられる世界に生きたいと思っているし、そういう世界をつくって広げていきたいと思っている。

令和は、平和で人々が優しくてクリエイティブに生きていける世界になる時代になってほしいというのが私の願いです。

一緒に行ってくれたみんなありがとう!

来週わたしはなんとなんと皇居勤労奉仕に行くのです!楽しみ!

View this post on Instagram

天皇皇后両陛下も、空も、皇居も、とても美しかった。 両陛下は数年前に勤労奉仕に行ったときから、超かっこいい!と感じて大好きだったのでなんか嬉しい✨ こうやって大勢の人が集まっても整然と進むのは日本くらいなものらしいよと話していた。わたしは(いや世界は広いんだからそれは盛りすぎではと内心思いつつ)、や、それ当たり前でしょ、とみんなが思っているような、はるか上を行く高いレベルの国でありつづけるといいなと思った。 わたしは"お天道様がみてるよ"っていう言葉が好きです。日本人なら誰も知っているであろうこの言葉が好きです。 お天道様というのは遥か空から常に見守り照らしてくれていますが、同時にそれは自分の中にいるものです。 誰に見られても恥ずかしくないよう生きよう。そしてなにより自分自身に恥じることがなきよう生きよう。そういう精神だと思っています。 しかし息を吸って吐くように嘘をつかなければ生き延びることができないような国や社会が今でも世界中の色々なところにあるようです。日本の中にも。 わたしは普通にピュアに優しく誠実に生きる人たちが、ちゃんと豊かに安全に幸せに生きられる世界に生きたいと思っているし、そういう世界をつくって広げていきたいと思っている。

A post shared by Yuri Kimura (@kimurayuri86) on