春の海~エレサちゃんと弾いてみた~

お正月といえば!な名曲《春の海》を、エレサちゃんのリコーダーとわたしの箏で演奏した動画が、YouTubeのエレサTVにアップされました!

 

 

かなり前からやりたいねと話してはいたけれど、きづけば年末(^-^;
それぞれ忙しく、時間のない中でなんとかつくることがました。

しかも、邦楽に慣れていないエレサちゃんとレコーディングエンジニアのシンさん。そして録音や撮影に慣れていないわたし。という組み合わせでの初挑戦!
なかなか難しいところがありましたが、学びもあり、とても楽しい機会になりました。



わたしは普段アコースティックな楽器で合奏することが多くて、演奏者同士の息遣いでテンポを作っています。
邦楽ではこれを「運び」といいます。

曲の出だしよりも、だんだんと自然にのってくることもよしとされているし、セクションの変わり目ではゆるんだ後にまた改めて入る、ということが当たり前に行われています。

一方エレサちゃんやシンさんの普段やっている音楽では、テンポはずっと一定。

レコーディングの際には、楽器一人ずつブースに入って、クリック音(メトロノーム)に合わせて演奏して録音するのだそう。
わたしはみんな同時に合奏で撮るのだと思っていたので、お互いに、えええ!?となって面白かったです。


エレサちゃんからすると、クリック音に合わせて演奏する方がよっぽど簡単だそうですが、わたしには難しく。

それに、わたしとしてはただ一定のテンポで演奏するのでは、音楽の面白味が半減してしまうように感じます。

 

そう、こういうときに、音楽とはこういうものだ、と自分の固定概念を固持していると、一緒になにも生み出すことはできません

お互いに少しずつ譲ったり、歩み寄ったりしたところがあります。でもそれが、今回の新しい挑戦を可能にしたのだと思います。

頭を柔軟にしてチャレンジしていかないとね!


あと、わたしがあまり分かっていなかったのですが、春の海の尺八パートはそれなりに難しいようですね。
特にソプラノリコーダーで吹くには不可能な部分も多々あったみたい。エレサちゃんが演奏方法を工夫してがんばってくれました。


まさか全曲弾ききってくれるとは思っていなくて、冒頭のテーマだけで終わると思っていたので、エレサちゃんの努力と根性、探求心を感じました。すてき!




合奏での練習を重ねる時間がなかったこともあって、演奏は不十分なところもありましたが、
わたしはこの動画をつうじて、箏の音なんて一生聞くことがなかったであろう多くの人達へ届けられることを、嬉しく思っています。


わたしは箏も邦楽もとても愛しています。

だからこそ、それがフレンドリーに受け止められるよう発信していきたいと思っています。

邦楽に慣れ親しんでいる人は、100年前より、50年前より、30年前よりも、今はずいぶん減ってしまいました。

箏を楽しめる仲間がたくさんたくさん増えるようこれからも発信してきます。